許すな消費税大増税

わたしの主張

消費税をなくす千葉県の会事務局長 平嶋 善次さん(76)

平嶋 善次さんの写真

「消費税をなくす千葉県の会」は、2012年5月現在で会員数約3万3000人です。この間、街頭宣伝や会員の拡大、署名活動、学習会など大いに行ってきました。

消費税増税法案の提出されるなか署名行動をすると、初めのころは「これ以上負担が増えたら生きていけない」という生活の辛さから、後半は「民主党に裏切られた」とう政治的な怒りへの対話に変わっていきました。やらないと言っていたのをやったのだから怒りは猛烈に強いです。

参議院で7党・会派が出した消費税増税は「けしからん」という問責決議に増税法案の3党合意をした自民党まで賛成して可決したことには政治的にも本当に追い込んだと思います。

当面は目標として2014年4月に実施をさせないためにはどうするか、それまでに総選挙と参院選の2つの選挙があるわけだから、民主、自民、公明の増税談合連合に厳しい審判を下し、議席の比率を下げること。2つ目には、消費税増税反対を強く、深い世論にしていくことが大事だと思います。この2つ運動をやり遂げて、政治の力関係を変え、国民の世論と運動で増税路線を転換し、消費税をなくす運動に繋げていきたいと思います。

もどる