袖ケ浦市議選 現有2議席確保

2012.10.15

当選を喜ぶ篠崎典之さん、となみ久子さんと支持者のみなさん

14日投・開票された千葉県袖ケ浦市議選(定数24、立候補30人)で、日本共産党の、しのざき典之氏(52)、となみ久子氏(35)=以上現=が当選を果たし、現有2議席を確保しました。

2氏の合わせた得票は1776票(得票率6・33%)で、2010年参院比例での党の得票数の165・9%です。

2氏は、見通しない市の袖ケ浦駅海側開発や市議会の海外視察などの税金の使い方を批判し、現在10枚160円(40㍑)のゴミ袋を400円する値上げ案の中止や国民健康保険税の引き下げ、高校卒業までの医療費無料化などの公約を訴えました。

当選を受けて選挙事務所に集まった支持者を前に2氏は「この選挙を通じてゴミ袋代の値上げには市民の怒りと署名が多く寄せられました。引き続き市民のくらしを守り、公約実現に全力を尽くす」と決意を述べました。

投票率は58・25%で、前回より1・35ポイント下回りました。

結果の詳細は次の通り。

当 となみ 久子(35)現 945⑭

当 しのざき 典之(52)現 831㉑

▽共2(2)議席占有率8・33%(同)
公2(2)ネ0(1)無20(19)(投票率58・25%)

もどる