暮らし守る野中まゆみ候補

千葉・大多喜町議選15日告示

しんぶん赤旗 2013.1.13

マイクを握り訴える野中まゆみ候補

千葉県大多喜町議選(定数12)が15日告示(20日投票)されます。日本共産党から4期目をめざして、現職の野中まゆみ候補(66)が立候補します。

野中候補は3期12年、学童保育や高齢者人間ドック、国民健康保険料の値上げ抑制、住宅リフォーム助成制度の実現などで町民の願いの実現に取り組んできました。党が実施した町民アンケートでは、「仕事がなくなり、生活が大変」「年金暮らしで税金の支払いが大変」など切実な声が寄せられています。

野中候補は、町民の声に応えて、▽学童保育の小学6年生までの対象拡大▽18歳までの医療費無料化▽国保税の引き下げ▽後期高齢者医療保険料の軽減▽乗り合いタクシーの運行▽有害鳥獣の対策強化などを公約に掲げ、「命と暮らしを守る多喜町へ、しっかり頑張れる議員として、引き続き議会で働かせください」と訴えています。

選挙戦は2人オーバーの少数激戦の様相です。

もどる