田村議員迎え「新春のつどい」開催(流山)

しんぶん赤旗 2013.1.22

千葉県の日本共産党流山市委員会・同後援会は19日、同市で田村智子参院議員を迎えて「新春のつどい」を開きました。

田村議員は、「総選挙で打ち出した政策でたたかう日本共産党がいま、一番元気だ」と強調。安倍内閣は「危機突破内閣」と言っているが、安倍総理自らつくりだした「危機」であり、原発でも景気対策でも責任をとらない政策に展望がないことを明らかにしました。そして暴走をとめるために参院選での日本共産党の躍進を、と訴えました。

流山市放射能から子どもを守るネットワークなど、市内各分野からの抱負も交流。植田忠義党市委員長は、総選挙の教訓を生かした活動を直ちに開始しようとよびかけました。 千葉県知事候補の三輪定宣氏、参院千葉選挙区候補の寺尾さとし氏も参加し、支持を訴えました。

100 人を超える参加者は、「新鮮な気持ちでがんばりたい」など、今年の躍進への決意を固めあいました。

もどる