三輪氏が千葉駅前で第一声

しんぶん赤旗 2013.2.28

千葉県知事選は28日、告示(3月17日投票)されます。「憲法がいきる明るい千葉県をつくる会(明るい会)から三輪定宣(さだのぶ)氏(75)=無所属、日本共産党推薦=が立候補します。

選挙戦は三輪候補と、現職知事の森田健作氏(63)の一騎打ちとなる見込み。大型開発優先、福祉財源全国最下位など県民に冷たい現県政に対し、三輪候補は、福祉・教育・くらしを守る新しい千葉県政への転換を目指しています。

三輪候補は、不要不急の公共事業を抜本的に見直し、全国4位の豊かな財政力を生かして、①いじめや体罰のない学校、安心して子育てできる県政②福祉医療最優先の県政③県内の中小企業、農業、漁業の応援④災害に強い街づくり─の県政の四つの改革を訴えています。

消費税増税ノー 、原発ゼ口、憲法改悪反対など国の悪政の防波堤となる県政へと訴えています。

明るい会の三輪候補の第一声は、28日午前10時からJR千葉駅東口クリスタルドーム前で行います。日本共産党の小池晃副委員長が応援演説に立ちます。

もどる