三輪候補「福祉・教育優先に転換」人を大切にする千葉ヘ

しんぶん赤旗 2013.3.1

小池氏が応援

千葉県知事選が28日告示(3月17日投票)され、「憲法がいきる明るい千葉県をつくる会」の三輪定宣候補(75)=無所属、日本共産党推薦=が、千葉駅東口で「人が大切にされる千葉県をつくろう」と意気高く第一声を上げました。日本共産党の小池晃副委員長が駆けつけました。

日本共産党の小池副委員長の応援を受け第一声を上げる明るい会の三輪県知事候補=28 日、JR 千葉駅前

三輪氏は、県政を福祉・教育優先に転換し、全国4位の財政力を使って▽子どもが健やかに育つ環境整備▽福祉・医療の抜本的改善▽地元商店街や農漁業の支援▽震災復興、脱原発、防災の徹底──などを進める政策を語り、「子どもの未来が輝く千葉の新時代へ、党派を超えて力を合わせましょう」と呼びかけました。

小池氏は、森田健作知事が福祉・教育を全国最低クラスに放置し、大型開発優先の逆立ち県政を推進してきたと批判。安倍自公政権が進め、生産高全国3位の千葉県農業を壊滅させる環太平洋連携協定(TPP)に反対せず、東電からは献金を受けて原発を容認するなど知事の姿勢を「前回の選挙ではいつわりの『完全無所属』を掲げたが、その実態は『完全自民党』です」と指摘しました。

知事選ではTPP参加、消費税増税や憲法改悪など「国の誤った政治に、県民とともに立ち向かう人を知事に選びましょう」と述べ、「地方行政の専門家で、誰でも学べる教育条件をと奮闘してきた三輪さんを知事に押し上げてください」と力を込めました。

市原市の永野清さん(70)は「森田氏はパフォーマンスばかり。若者や高齢者、中小業者の方を向いた県政を三輪さんにお願いしたい」と話していました。

知事選は、三輪氏と現職の森田知事(63)、無所属の佐藤雄介候補(31)が立候補しました。

もどる