千葉知事選 三輪候補に期待「困った人を元気に」

しんぶん赤旗 2013.3.3

17日投票の千葉県知事選で、三輪定宣知事候補の第一声で、香取市の中小企業経営者・橋沢政實さん(65)が応援演説をしました。その要旨を福介します。

トークトーク参加者の質問を聞く三輪知事候補=2 月28 日、千葉市

中小企業経営者橋沢政實さん

三輪さんは、原発ゼロ社会を実現、暮らしと子どもの未来を守り抜く千葉県政へ「一番困っている人を一番元気に」と訴えています。森田候補には言えない、そして絶対できない公約です。

私は昨年11月、原発をすべて廃止する決定をしたドイツと、1基も原発を持たないオーストリアを視察しました。オーストリアの人口4000人の村では、バイオマスのエネルギー政策で1000人の雇用を達成しました。その仕事に多くの中小業者が関わっています。

ドイツの環境省の役人は、「環境保全は、市民も参加している。私たちは、次の世代の子どもたちに、このままの自然と環境を渡さなければならない責任がある」と話していました。私はこの話を聞いて、これは、明日の日本の原発即時停止のための基本姿勢に通じるものだと痛感しました。

三輪県知事誕生で政治を変え、将来の子どもたちに胸を張って渡せる千葉県をつくろうではありませんか。

もどる