森田千葉知事と東電の〝深い仲〟報道に反響ツイート次つぎ

「原発に背向ける背景だ」「ドラマとかけ離れている」

しんぶん赤旗 2013.3.6

森田健作千葉県知事が福島原発事故を起こした東京電力と深い関係にあることを報じた本紙2月24日付け記事が、反響をよんでいます。

記事は、森田氏が東電提供ラジオ番組にレギュラー出演し、講演料の名目で東電から20万円の政治資金を受けたことや原発容認発言を報じたもの。

「日刊ゲンダイ」(3月2日付)は、本紙記事をもとに「森田は東京電力ともベッタリだ」「一貫して『原発推進』なのは、東電と癒着し、モノが言えないからだ」と報じました。

「赤旗ツイッターコーナー」には、記事を読んだ人から5日までに460件余のツイートが寄せられました。

「森田知事が原発ゼロに背を向ける背景にこんなこともあったとは」「森田知事の今までの言動が納得できました」「道理で、ホットスポットへの対応も遅れているはずです」と共感の書き込みが続々。

また「東電からの政治資金、県民の声には背を向け、赤旗さんからの質問状は、拒否。ドラマのイメージとかけ離れているんだね」「公開討論会から逃げたり、スッカとしたキャラとは真逆なんだね」「千葉県の有権者としてこの記事で投票しないことを決意した。三輪さんがんばって!」の声も寄せられています。

もどる