県民本位の千葉県政に
小池副委員長応援、三輪知事候補訴え

しんぶん赤旗 2013.3.10

千葉県知事選(17日投票)で、三輪定宣候補=無所属、日本共産党推薦=は9日、日本共産党の小池晃副委員長・政策委員長の応援を受け、柏市のJR柏駅前で演説し、市民と対話しました。

三輪知事候補の応援をする小池副委員長=9日、千葉県柏市

小池副委員長は、三輪さんを知事にして〝大型開発大好きで、くらしそっちのけ〟 の千葉県政に待ったをかけようと呼びかけました。「森田知事は東電が単独スポンサーのラジオ番組に出演しており、原発ノーと言えない」と批判。日本の農業や医療をつぶすTPP(環太平洋連携協定)ノー、憲法9条を守れと言えるのも三輪さんだけだと強調。森田知事の政治団体が企業・団体かち2億円の政治献金をもらっていたことを批判、「逆立ちした住民不在県政を、住民の手に取り戻そう」と呼びかけました。

対話では、「下水道処理施設の放射能汚染焼却灰の中間保管施設が心配」(我孫子市民)との声に、三輪候補は「今の施設は安全管理がいいかげん。住民合意をえて安全な施設に」と約束。「仕事がなく後継者がいない」(土建業者)の声にも、「住宅リフォーム助成、震災対策、自然エネルギー産業の振興で仕事を増やします」と答えました。

もどる