480万円返還説明はうそ?収支報告書では980万円

しんぶん赤旗 2013.3.13

外資系企業から受けた違法献金のうち480万円をしたと説明していた千葉県の森田健作知事が、実際には980万円を返還していたことが12日、本紙の取材で明らかになりました。これまでの説明は何だったのか─。

ドン・キホー テへの献金返還を記載した自民党東京都衆議院選挙区第二支部の収支報告書(2009 年分の)コピー。代表の鈴木栄治氏は森田健作千葉県知事の本名
献金受けた年金額
2004年500万円
2005年650万円
2006年360万円
2007年360万円
2008年360万円
2009年530万円
合計2,760万円
返還した時期金額
09年3月26日500万円
09年4月15日480万円
合計980万円

同社は05年から06年にかけて外国人や外国法人の持ち株比率が50%を超えており、その時期の1010万円の献金は、外国人・外国法人の寄付を禁じた政治資金規正法(旧規定)に違反していました

この疑惑は本紙09年3月27日付で報じ、大きな問題になりました。

これに対して、森田氏は09年4月の記者会見で、「道義的見地」から同社に480万円を返還したと弁明。同年6月の県議会本会議でも、日本共産党の小松実議員の追及に、「4月15日に銀行振り込みで返還した」と答弁していました。

ところが、本紙が自民党支部の収支報告書を調べたところ、説明のあった4月15日に480万円を返還する前月の3月初日に500万円を返還していたことがわかりました。森田氏はこの500万円の返還については説明していません。

森田知事をめぐっては福島原発事故を起こした東京電力と深い関係にあることや、自民党支部を受け皿に2億円余の企業・団体献金を受けていたことが本紙報道で判明。千葉県知事選(17日投票)では「政治とカネ」問題が争点に浮上しています。

金権疑惑の人物に県政は託せない

日本共産党の小松実県議の話

森田知事は外資系企業からの違法献金について、480万円を返還したと記者会見で述べていました。私は前回知事選直後の県議会で、「返還したというなら証拠書類をきちんと公表せよ」と迫りましたが、いまだに明らかにしていません。しかも今回、返還は980万円だったととが明らかになりました。返還の証拠も示さず、金額もいいかげん。金権疑惑に反省もなく事実に蓋(ふた)をし、居直る人物に、県政は託せません。

もどる