県民にとって重大問題=TPPは農業壊す

千葉知事選あす投票 三輪候補懸命の訴え

しんぶん赤旗 2013.3.16

「TPP参加は絶対許しません」と訴える三輪定宣知事候補15日、JR新八柱駅前

最終盤を迎えた千葉県知事選挙(17日投票)で、「憲法がいきる明るい千葉県をつくる会」(明るい会)の三輪定宣候補(無所属、日本共産党推薦)は15日、松戸市内など5カ所で訴えました。

松戸市のJR新八柱駅前で、三輪候補は安倍首相が環太平洋連携協定(TPP)交渉参加を表明した問題で「千葉県の農業に壊滅的打撃を与えるTPP参加は県民にとって重大な問題。断じて反対です。悪政の防波堤となっていきます」と訴えました。

三輪候補と対話した、宮本勝夫さん(69)は「TPPでは、農業だけでなく、医療も、雇用も、県民の暮らしが全部だめになってしまう。『県民の防波堤になる』という三輪さんを、周りの人にも広げたい」と話していました。

もどる