茂原市議選21日投票=共産党2候補を議会ヘ

しんぶん赤旗 2013.4.19

聴衆の声援にこたえる平、小池、飯尾の各氏=17日、茂原市

21日投票の千葉県茂原市議選(定数24、立候補28人)で、日本共産党の小池晃副委員長が17日、JR茂原駅南口で、平ゆき子、飯尾さとる両現職候補への支持を呼びかけました。

飯尾氏は、大企業には税金を注ぐ一方で、高い国民健康保険税の滞納取り立てを厳しく行う市政を批判。国保税やゴミ袋代の軽減とともに住宅リフォーム助成制度の実現で安心、元気な茂原市をめざすと訴えました。

平氏は、大企業にも国・県にもモノが言え、市民の願い実現に力を合わせて頑張る日本共産党の2議席でひき続き働かせてほしいと呼びかけました。

小池氏は、「住民の痛みをわが痛みとする心が欠けているのが茂原市政だ」と指摘。この市政のゆがみを正すため、頼りになる議員を選ぶものさしは「大企業にも国、県、市にも市民の立場できちんとものが言えるかどうかだ」と述べました。

その上で、国政でも市政でも住民犠牲の古い自民党型政治と真正面から対決し、その流れを断ち切ることができる政党は日本共産党だけだと強調。「平、飯尾両候補を再び議会へ送ってほしい」と訴えました。

もどる