住民負担軽減、必ず議会ヘ=茂原あす投票

しんぶん赤旗 2013.4.20

街頭から訴え奮闘する平、飯尾候補=茂原市

千葉県茂原市議選は定数24(2減)を4人上回る28人が立候補するなか、日本共産党の平ゆき子(62)、飯尾さとる(56)の両候補が現有2議席を守るため、全力をあげています。

新人が候補者の3分の1を超える9人立候補するなか、各陣営とも、支持獲得のため激しいたたかいを繰り広げています。

平、飯尾両候補は、連日20〜30カ所で街頭から訴え奮闘しています。

大企業の閉鎖・撤退に対しても、働く人たちのくらしを守るために「社会的責任を果たせ」と大企業や国、県にはっきりものをいってきた日本共産党の2人の議員の役割を強調。市政でも「高すぎるごみ袋代、国保税の軽減のために力いっぱい働きます。必ず議会へ送り出してください」と住民の要求を実現し、くらしを守る政策を訴えています。

日本共産党は「選挙は最後まで頑張りぬいたものが勝利する」と支持の輸を徹底して広げるため党員、後援会員、赤旗読者、支持者によびかけ、最終盤、勝利めざし全力でとりくんでいます。

もどる