福祉・子育て優先訴え=越川氏が銚子市長に

しんぶん赤旗 2013.4.23

千葉県銚子市長選挙は21日投開票され、日本共産党が支持した越川信一氏(51)=無新=が、現職の野平匡邦氏(65)=無現=を小差で破り、初当選しました。

市長選は、野平市長の強引な市政運営に対する市民の批判が高まるなかで、たたかわれました。

越川氏は「対話する市政」を掲げ、国民健康保険料の引き下げや子育て支援策の充実、市庁舎やゴミ焼却場建設の見直し、市長公用車や市長の退職金廃止などを訴えて支持を広げました。

日本共産党銚子市委員会は、市の発展と市民の暮らし、福祉、子育て優先の市政へと刷新する立場から、越川氏を支持しました。

当越川信一(51)無新13,717
 野平匡邦(65)無現13,007
投票率47.76%

もどる