千葉県・船橋市長選=斉藤氏擁立

しんぶん赤旗 2013.5.2

さいとう和子写真

千葉県の「明るい船橋民主市政の会」は1日、船橋市長選(6月16日告示、23日投票)に、同事務局次長で新人の斉藤和子氏(38)を擁立すると発表しました。市長選には斉藤氏のほか、新人5名が立候補を表明しています。

斉藤氏の略歴

日本大学農獣医学部卒。県立高校講師を経て、日本共産党千葉県委員会や、同西部地区委員会に勤務。現在、西部地区常任委員。

暮らし安心の船橋に=明るい会斉藤市長候補が会見

記者会見で抱負を述べるさいとう和子さん

千葉県船橋市長選(6月16日告示、23日投票)に立候補を表明した「明るい船橋民主市政の会」(高橋稔代表)の斉藤和子氏は1日、「政策協定」に調印した団体代表が見守る中、記者会見にのぞみ、決意を語りました。

斉藤氏は「船橋市は自然が豊か、交通も便利で人口も増えている。公立保育所や特別養護老人ホームの増設、再生可能エネルギー普及と地場産業育成など市民が安心して暮らせる船橋市にしたい」と話しました。

同会の高橋稔代表(ふたわ診療所所長)は「すばらしい候補者を擁立できました。子ども、お年寄りが安心して暮らせる市政にしたい」と述べました。

もどる