めざせ待機児ゼロ「市は認可保育所増設を」=松戸

しんぶん赤旗 2013.5.12

「市は認可保育所増設を」と本郷谷健次市長と要請する松戸の親ら

千葉県松戸市の「めざせ待機児ゼロ@松戸」は10日、この春認可保育所に入所できなかった679人の子どもたちへの緊急措置を含め、認可保育所の大幅増設などを求めて、本郷谷健次市長と交渉しました。

参加者は行き場のない親子の苦悩などを紹介しました。無認可保育所の経営者は「働く親たちを支えている。高い保育料軽減や運営維持のための支援策を」と訴えました。

市長は、増え続ける待機児への緊急対応には触れず「子育ては最重点課題で全力をあげているが実態が追いついていない。定員オ一バ一の『つめこみ』でないようにしたいがやむを得ない」「(増設については)土地がない」などと回答。参加者からは再度、認可保育所の増設をという声が強く出されました。みわ由美前県議会議員の「松戸駅近くの国有地を保育所に」との提案に市長は「保育利用もふくめ市の公共用他としてできるだけ購入したい」と答えました。

日本共産党から、高橋たえ子・伊藤よいちろう・山口正子松戸市議会議員らが参加しました。

もどる