千葉から日本の夜明けを

しんぶん赤旗 2013.5.26

壇上から今の政治課題を身振り手振りを交え講演する志位委員長

日本共産党千葉県委員会は25日、松戸市の森のホール21で、志位和夫委員長を招いた演説会を開きました。バス25台を出すなど会場の大ホールは、4階席まで聴衆が入りました。小池晃副委員長・参院比例候補がビデオメッセージで、寺尾さとし選挙区候補が壇上から躍進への決意を表明。志位委員長は「千葉で躍進を勝ち取り、日本の夜明けを聞とう」と力強く呼びかけました。

このなかで志位氏は、「風雲急を告げている」問題として、審議入りが予定される生活保護改悪法案を取り上げ、「申請しても窓口で追い返され、孤独死や餓死を引き起こし『水際作戦』を合法にするというのが中身です。憲法25条に定められた当然の権利を投げ捨てることは許されません」と厳しく批判しました。

生活保護の支給額にたいする「不正受給」の割合はわずか0.5%、99.5%は適正に執行されていることも示し、「相手は一番弱い人を攻撃することで、国民に分断をつくろうとしています。弱い人を大切にする社会こそ、すべての国民を大切にする社会になるのではないでしょうか」と力説すると、「その通り」の声が。志位氏が改悪反対に向けて奮闘する決意を表明すると、会場は大きな拍手に包まれました。

小池晃参院比例候補はビデオメッセージを寄せ「比例候補の5 人全員を勝たせてほしい」と訴えました。

佐藤弥生さん(43)は「志位さんの話を聞いて、アベノミクスで潤うのは大企業や大資本産業だけだとわかりました。原発ゼロなど共産党の政策に共感しています」と話しました。

「共産党が自民党負かす勢力にならなければ」〝希望〟〝共感〟広がる

壇上から決意を語る寺尾さん

日本共産党の志位和夫委員長を迎えて25日、松戸市で開かれた演説会で、聴衆はアベノミクスや憲法改悪、生活保護改悪法案についての解明に真剣に聞き入りました。

寺尾さとし参院千葉選挙区候補は「アベノミクスでは青年の生活はよくならない。賃金引き上げ、安定した雇用の拡大、人間らしく働けるルールの確立が必要だ。共産党が伸びてこそ人間らしく働ける社会が実現できる」と話しました。

応援あいさつに立った松戸市の磯部繁吉さんは、原発事故の放射能汚染によって川で水遊びができなくなったと語り「志位委員長にお願いがあります。子どもたちに希望の光を発信してください」と訴えました。

市内に住む女性は「アベノミクスで景気が良くなるように言われているが、実際には消税の増税や社会保障の改悪で暮らしが悪くなるとわかった」と話しました。田中良三郎さん(63)は「いいかげんな第三極は、自民党といっしょ。共産党が自民を負かす勢力にならなければ」と期待します。

鎌ケ谷市から孫(6)と参加した本谷政子さん(66)は「原発や若者の雇用問題を考えると、孫の将来が不安。今こそ共産党の出番だと思います。『自共対決』の構図もわかりやすかったので、友人にも広げていきたい」と語りました。

千葉県長生村から参加した大学1年生は、国防軍創設に向かう安倍政権への不安を語り「軍隊は争いの手段になるだけ。紛争を戦争にせず、対話で解決するという共産党の姿勢に共感します」と期待を寄せました。

もどる