子育て支援に本気の党だから=
「めざせ待機児ゼ口@松戸」代表:渡名喜まゆ子さん

しんぶん赤旗 2013.5.27

日本共産党への期待を述べる「めざせ待機児ゼ口@松戸」の人たち=25日、千葉県松戸市

千葉県松戸市で25日に開くかれた日本共産党演説会で、「めざせ待機児ゼロ@松戸」代表の渡名喜まゆ子さんが応援演説をしました。要旨を紹介します。

子育て中の親たちが「めざせ待機児ゼロ@松戸」を立ち上げて運動を広げています。 会には「認可保育園に入れず無認可の園で高い保育料を払っている」「育休明けに仕事復帰できなかった」などの切実な声が寄せられています。また、私の子が通う保育園では、待機児童解消のために定員のl.5倍の者どもを受け入れていることがわかりました。

私たちは、共産党の前県議や市議団の支援を受けて、5月10日に本郷谷健次市長と懇談しました。「待機児童も詰め込み保育もやめて」「緊急に認可保育所を増やして」という願いを届けました。

今度の参院選では、子育て支援に本気で取り組んでいる共産党の議席が伸びなければ、私たちの願いは実現しません。安心して預けたい、詰め込みはやめてほしいという願いを共産党に託したいと思います。

もどる