共感・期待感じた寺尾氏

しんぶん赤旗 2013.7.23

マイクを持って政策を訴える寺尾さとし候補

21日投開票の参議院選挙から一夜明けた22日朝、日本共産党の千葉選挙区候補としてたたかった寺尾賢氏(37)がJR市川駅前で選挙結果を報告しました。

有力候補がひしめく選挙区で、投票率が低下した中、前回を大きく上回る23万以上の票が寄せられました。議席には届かなかったものの「党への期待と共感が広がっていることを感じました」と寺尾氏。

全国では比例5、選挙区3で議席を獲得して「議案提案権という新しい力を得た」意義を強調し、選挙を通じて訴えた▽国民の所得を増やし、雇用の安定で景気回復▽即時原発ゼロを決断し自然エネルギーへ転換▽憲法を守り暮らしに生かす─などの公約実現へ「国民の皆さんと力を合わせ、全力で取り組みたい」と決意を述べました。

安倍政権の暴走と真っ向から対決する党への大きな支援を呼びかけると、何人もの人から声がかかり、握手で激励していく姿がありました。

もどる