消費税増税中止に「松戸の会」が発足千葉

しんぶん赤旗 2013.11.20

千葉県松戸市で17日、「消費税増税中止を求める松戸の会」が発足しました。新松戸飲食店組合や松戸書店協同組合、同市清掃事業合同分会などの団体の代表者や、酒販組合・商店会・自治会の役員、日本共産の伊藤余一郎、高橋妙子両市議などの個人18人が集まり、消費税の増税について議論しました。

「消費税が増税されたら、価格に転嫁できずに賃金カットせざるを得ない。反対だ」「記者会見を聞き、マスメディアにも訴えよう」など意見を交流しました。

教職員組合のメンバーから、経済的に困窮し、給食費が払えない子どもたちの実態が語られ、「消費税が増税されれば、こうした家庭がさらに追い詰められる」と話すと、涙ぐむ参加者の姿もありました。

「思想、信条、あらゆる立場の違いを超え、消費税増税の中止を求める一点で松戸市内の団体、個人が広く力を合わせよう」と申し合わせ事項を確認。、集まった全員が呼びかけ人となり、「会」が発足しました。

もどる