反対」の声無視し、強行採決した秘密保護法
今日をスタートに秘密保護法撤廃のたたかいに立ち上がろう

志位和夫委員長が呼びかけ

ちば民報 号外 2013.12

秘密保護法の成立強行を受け、6 日深夜に開かれた日本共産党国会議員団総会で、志位和夫委員長が発言した要旨を紹介します。

数の暴力許さないと国会を取り囲んだ沢山の人

私は、このたたかいは、これで終わるものではない、今日を新たなスタートにして、新しいたたかいに臨もうではないかということを言いたいと思います。どんなに与党が多数であったとしても、憲法違反の法律というのは、つくってはなりません。そして今度の秘密保護法というのは、仁比議員も反対討論で述べたように、日本国憲法に明記された国民主権、基本的人権、平和主義をことととくじゅうりんする違憲立法であります。

ですから、この法律ばかりは、通ったから仕方がないではすみません。むざむざとこの違憲立法によって日本の平和と民主主義が破壊されていくことを、私たちは手をこまねいているわけにはいきません。

みなさん、今日を新たなスタートにして、秘密保護法撤廃のたたかいに立ち上がろうではありませんか。

平和と民主主義を求める巨大なエネルギーを日本国民は持っている

この悪法は、撤廃するしか解決の方法はありません。そして私は、国民多数の声も、この悪法はなくそうということに必ずなっていくと思います。この法律がつくりだす暗黒社会など、だれも望んではおりません。ですから、国民多数がこの法律はいらない、なくそう、こうした大きな声が広がることになることは間違いないと思います。

私は、今度のたたかいを通じて、日本の未来への希望を感じました。短期間に、これだけの人々が反対の声をあげた、これは平和と民主主義を求める巨大なエネルギーを日本国民が持っていることを、証明するものではないでしょうか。

(略)

みなさん。大義は国民のたたかいの側にあります。この悪法を必ず撤廃に追い込もうではありませんか。

安倍政権の終わりが始まった─この暴挙は国民と歴史によって裁かれる

私は、開会の議員団総会で、安倍政権が暴走すれば、その一つひとつが自らの墓穴を掘ることになる、自らの基盤を掘り崩すことになる、こういいましたけれども、今回のこの強行劇というのは、安倍政権の終わりが始まった、ということになると思います。

必ずこの暴挙は、国民と歴史によって裁かれる。その日が必ずやってくる。みなさん、たたかいはこれからです。この悪法の撤廃に向けて、頑張りぬこうではありませんか。

法律成立後も反対多数

朝日新聞社が7日行った世論調査では、「秘密保護法の国会での議論が『十分だ』は11%にとどまり、『十分ではない』が76% に達した。賛否については賛成24%、反対51%となり、法律が成立してもなお反対が多数を占めた」と報道。(12/8)

法律成立後も反対多数

国会でできた法律は、国会で改正も廃止もできます。施行を延期することもできます。日本ジャーナリスト会議は「法律の廃止と安倍内閣の退陣を要求」し、日本弁護士連合会は「国会の存在意義を自ら否定。強く抗議する」との声明を発表。

廃止に向けたたたかいはこれからです。

もどる