旭市2期目当選の太田氏=市民と一緒に公約実現

しんぶん赤旗 2013.12.17

15日投開票の千葉県旭市議選(定数22)で、日本共産党の太田まさのり氏(63)が、1026票(得票率3.30%)を獲得して2期目の当選を果たしました。

旭市では、東日本大震災による津波で大きな被害が出ました。日 本共産党と太田氏は、被災者の切実な声を聞いて生活再建や復興支援に尽力する一方、中学卒業までの医療費助成の拡大などを実現してきました。

選挙では、①市直営のスーパー開設、リフォーム助成、乗り合いタクシーで元気な旭市を②高すぎるゴミ袋と水道料金の値下げで暮らし応援③百歳以上と高校卒業までの医療費無料化、特養老人ホーム増設で福祉充実を、などの政策を訴えて期待を広げました。

当選を決めた太田氏は支援者の前で「掲げた政策の実現に、市民のみなさんと一緒に全力をあげます」と決意を述べました。

もどる