教育で対話集会・柏

しんぶん赤旗 2014.2.6

千葉県柏市で1日、第33回柏市教育対話集会が開かれ、110人が参加しました。市民や教育関係者などでつくる実行委員会が主催しました。

福島県南相馬市立小学校教師の白木次男さんが「いま福島にいきる子どもたちから学ぶもの」のテーマで講演し、東日本大震災の被災直後からつづった数多くの作文や映像をもとに、子どもの悲しみや喜びを紹介ました。

参加者から「子どもに好かれる先生の人柄がすばらしい」などの感想が寄せられました。

もどる