安心で住み続けられる千葉に=党県議・千葉市議候補が記者会見

しんぶん赤旗 2014.2.15

記者会見で立候補を表明する県議・千葉市議候補と浮揚県委員長

日本共産党の千葉県委員会は13日、2015年のいっせい地方選の県議候補5人と千葉市議候補6人(1次分)を発表し、千葉県庁で記者会見しました。

浮揚幸裕県委員長は、東京都知事選の結果にふれて「消費税増税反対、原発ゼロなど、安倍政権の暴走にストップを求める世論が高まり、共産党との共同の輸が広がっている」と指摘。「この『自共対決』を数と実力の面でも確かなものとするため、県と政令市の議席を増やし、世論と共同して政治を市民、県民、国民の手に取り戻す」と、いっせい地方選をたたかう意義を語りました。

今期で引退する小松実県議団長があいさつしました。

11人の県議・市議候補は、大型開発優先で福祉を切り捨てる千葉県政・市政を、安心して住み続けられるよう転換する決意を表明しました。

一次候補は次の通りです。

県議候補

  • 丸山慎一(まるやま・しんいち)58現
  • 岡田幸子(おかだ・さちこ)63現
  • 加藤英雄(かとう・ひでお)60現
  • 三輪由美(みわ・よしみ)58前
  • 寺尾賢(てらお・さとし)37新

千葉市議候補

  • 福永洋(ふくなが・ひろし)64現
  • 中村公江(なかむら・きみえ)46現
  • 盛田真弓(もりた・まゆみ)49現
  • 安喰武夫(あぐい・たけお)55現
  • 野本信正(のもと・のぶまさ)69現
  • 佐々木友樹(ささき・ゆうき)34現
もどる