安倍政権暴走に運動広めて対抗

千葉県憲法会議総会と学習会

しんぶん赤旗 2014.3.5

千葉県憲法会議は2月28日、千葉市で、憲法の学習会と総会を開催しました。中央憲法会議代表幹事の川村俊夫さんを行使に迎えて、24人が参加しました。

川村代表幹事は、立憲主義否定の安倍政権の暴走について「去年の11月から12月にかけて、国家安全保障の法的整備や秘密保護法を強行成立させたが、実は2006年に第1次安倍内閣が成立したときから、安倍首相は所信表明演説の中で、秘密保全体制を強化することを盛り込んでいた」と語りました。また、「安倍首相は、憲法の条文に手をつけずに、次々と軍備体制を敷くと共に、日常生活の中で憲法を骨抜きにしていこうとしている。私たちは運動を広めて対抗していかなければならない」と述べました。総会では、活動の経過と総括を確認し、今後のたたかいの方向と課題について話し合い、役員体制を決めました。

もどる