子育て世代応援=千葉市議選(緑区)かばさわ候補擁立

しんぶん赤旗 2014.4.18

記者会見する、かばさわ千葉市議候補

日本共産党千葉県中部地区委員会は17日、千葉市役所で記者会見して、来年4月の千葉市議選の緑区(定数6)に、新人の、かばさわ洋平(ようへい)氏(35)を擁立することを発表しました。

かばさわ氏は現在、IT関連会社に勤務。「子ども達を放射能から守るネットワーク@ちば」を2011年に立ち上げました。

小倉忠平(ただひら)中部地区委員長は、「かばさわさんは、放射能汚染などの問題に取り組んできました。子育てしやすい環境と暮らしを守るために立候補を決意しました。緑区での党議席獲得に全力をあげたい」と述べました。

かばさわ氏は、学校給食の放射能検査などの実現に取り組んできたことを紹介。「甲状腺医療費助成の請願では、千葉市議会の全会派に賛同をお願いしたが、賛同したのは共産党だけ。他の党は反対しました」とのべ、「子育て世代の願いと高齢者も含めた医療・福祉の充実の願いなどを実現していきたい」と決意を語りました。

もどる