南房総市議選・山武市議補選・長生村議選あす投票

しんぶん赤旗 2014.4.19

暮らしと平和を守る=南房総市

安田みゆき候補

安田みゆき候補

千葉県南房総市議選(定数20、立候補23)では、安田みゆき候補(34)=現=が現有議席を必ず確保しようと懸命です。

激戦のなか、18日には県議団長の小松実県副委員長が応援に入り「安倍政権の暴走に真っ向から対決しているのが日本共産党。市民の暮らしと命、平和を守る共産党を大きく伸ばしてください。安田候補の議席は、暮らしと命を守るかけがえのない1議席。何としても、市議会に押し上げてください」と呼びかけました。

安田候補は「国の悪政から市民の暮らしを守るために働くのが議員のつとめ」と力説。国保税の1人1万円の引き下げや、子どもの通院医療費を中学卒業まで無料にと、心をこめて訴えています。


高卒まで医療費無料=山武市

並木じゅん子候補

並木じゅん子候補

千葉県山武市議補選(定数2、立候補5人)では、並木じゅん子候補(40)=新=が、現有1議席から共産党2議席への躍進をめざして奮闘しています。新人3人、元職2人が立候補。並木候補は、これまでに800回を超える宣伝などで、名前と政策が浸透しつつあり、追い上げています。

並木候補は、通院でも中学3年生までの医療費無料化を実現し、さらに高校卒業までの無料化を主張。さんむ医療センター充実のための移転新築、高すぎる国保税・介護保険の負担軽減、新規就農支援の充実などを公約に掲げています。

市民から「安倍さんのやり方をストップできるのは共産党だ」などの声が寄せられています。


消費税の増税に反対=長生村

関かつや候補

関かつや候補

鈴木せいお候補

鈴木せいお候補

千葉県長生村議選(定数16、立候補17人)では、関かつや(54)、鈴木せいお(74)=ともに現=が現有議席の確保をめざしています。

1人はみ出しの激戦のなか、両候補は、連日20カ所以上を遊説。消費税増税反対を明確に主張するとともに、村内の公共交通機関の整備や、議会で共産党だけが求めている国民健康保険税引き下げなどの公約と党の値打ちを語っています。

村民から「増税され暮らしていけない。共産党に頑張ってほしい」「巡回バスを走らせてほしい」など共感や支持の声が寄せられています。

もどる