憲法を守って明るい未来=森英樹氏が講演

しんぶん赤旗 2014.5.8

千葉県憲法会議と憲法改悪反対千葉県共同センターは千葉市文化センター大ホールで「5・3憲法記念日のつどい」を開催し、500人を超える参加者が集まりました。

森英樹・名古屋大学名誉教授が「どうなる憲法?どうする憲法!暴走する改憲・壊憲の矛盾をつく」と題して記念講演を行いました。安倍首相を先頭にした閣僚の靖国参拝強行や、的はずれな「砂川判決」を口実にした憲法破壊の「壊憲」の流れ、実態を詳しく解明。こうした動きに対し、憲法改定の手続き緩和を狙う憲法96条問題で「96条の会」が改憲派の学者も含めて結成され、アメリカとの矛盾も広がるなど憲法を守ろうという大きな流れが生まれていることを語りました。

市川市の合唱団プリマベラが演奏しました。

もどる