激戦制し党2議席を=野田市おだ候補と星野候補

しんぶん赤旗 2014.5.17

星野幸治候補 おだ真理候補

千葉県野田市議選(定数28)が18日告示(25日投票)されます。日本共産党は、おだ真理候補(49)=現= と、星野幸治候補(65)=新=を擁立し、2議席の確保をめざします。

共産2人のほか、自民、公明、民主、社民などから32人が立候補し、6人がはみだす激戦となる見込みです。

おだ氏は、水害や竜巻被害などで現地に駆けつけて要望を聞き、ただちに市と交渉するなど市民の暮ちしを守るために奮闘。放射能、汚染問題では、700カ所以上をみずから測定した結果をもとに要求し、学校、公園、保育所などの除染を実現させました。

星野氏は、レントゲン技師として41年間、市民の健康を守る仕事に携わってきた経験を語り、「安倍政権が医療・介護の改悪を進め、集団的自衛権の行使容認を狙っています。安倍暴走政治から市民の暮らしと福祉、憲法を守る市政をめざします」と訴えています。

2候補は、特養ホーム・保育所の増設▽放射能汚染から子どもを守るため、小中学校の健康診断への甲状腺エコー検査の追加と給食の検査強化▽東葛地域一高い国民健康保険税の引き下げ▽水道料金見直し、負担軽減▽子ども医療費助成の中学3年までの拡充(通院)を公約に掲げています。

もどる