鴨川市 滝口候補5期日必ず

しんぶん赤旗 2014.5.17

滝口ひさお候補

千葉県鴨川市議選(定数20)が18日告示(25日投票)されます。日本共産党は、滝口ひさお候補(73)=現H=が5期目をめざします。

滝口ひさお候補市議選は共産1、自民7 、公明1 、無所属12(現職13、新人8)が立候補し、1 人オーバーの少数激戦の見込みです。 日本共産党が行った市民アンケートには280人が回答。市政に望むこと(複数回答)では「年金収入で入れる老人施設」が72%、「国保税の引き下げ」が59%と、多くの市民が福祉・医療の充実を求めています。

滝口候補は「特養ホーム入所待ちが250人もいて、まったなしの課題です。空き校舎を活用すれば事業者負担も少なく建設・運営できます」と提案。国保税の引き下げについては「国保会計の積立金と財政調整基金からの繰り入れで1人1万円の引き下げは十分可能」と訴えています。

自民党が公認候補を前回比より4人増の7人擁立の構え。市民からは「集団的自衛権行使容認の動きが強まる中で、本当にあぶない」と心配する声とともに「共産党がんばって」など共産党に期待する声が寄せられています。

もどる