特養ホームの候補地を視察=千葉・野本議員

しんぶん赤旗 2014.5.28

日本共産党千葉市議団の野本信正市議はこのほど、若葉区の住民らと、特別擁護老人ホーム(特養ホーム)の建設候補地として、千葉地方法務局千葉東出張所の跡地を視察しました。千葉地方法務局の担当者らが対応しました。

跡地は、JR都賀駅(総武線)から車で10分の閑静な住宅地にあります。1996年6月に開設され、2012年2月に閉鎖されました。

同年12月、野本市議が千葉市議会で跡地について、地元の意見を聞いて、特養ホームなどの建設用地として活用できないかと提案。市は「財務省より公的利用の照会があった時に検討していく」と答弁しました。

担当者らによると、現在、跡地に残る施設は法務省が管理し、千葉地方法務局の書庫として利用。ただし、駐車場(44台分)のうち、1000平方メートル分は、用途廃止をして、財務省に引き継がれる予定です。野本市議は「地域住民のために特養ホームなど福祉施設の用地として活用を検討してほしい」と訴えました。

もどる