青年の夢奪う政権に審判=寺尾さとし県議候補が決意

しんぶん赤旗 2014.6.10

7 日、千葉市で開催した演説会では、小松実県議団長の議席を引き継ぐ寺尾さとし県議候補(千葉市花見川区)が決意表明しました。

決意表明する寺尾さとし候補

寺尾さとし県議候補が決意

花見川区で小松実県議が守り抜いてきた宝の議席を引き継ぐため、全力で頑張ります。

安倍政権がすすめようとする政治は、派遣法を改悪して一生ハケン、首切り自由、残業代ゼロを押しつける労働法制の改悪など、青年から夢も希望も根こそぎ奪うものです。

私は千葉県の民青同盟の責任者として、日雇い派遣、ブラック企業調査などワーキングプアの実態を政治に届け、青年の要求実現に全力を尽くしてきました。

学校で、働く権利のパンフを普及したり、自然エネルギーを活用して地域経済を活性化させたりと、まともな雇用を生むために自治体ができる仕事はたくさんあります。県民の命と暮らしを最優先にする県政を、私にやらせてください。

来春のいっせい地方選挙で、青年の未来を阻む安倍政権に厳しい審判を下しましょう。

もどる