千葉で田村議員が演説--時代開く共産党を強く

長南町・横芝光町空白克服訴え

しんぶん赤旗 2014.7.31

長南町で国会報告会を行う田村参院議員

日本共産党千葉県東部地区委員会は27日、田村智子参院議員を迎えて、長南町で国会報告会を、横芝光町で党演説会を開きました。和田和夫長南町議候補(64)=元=と、山崎よしさだ横芝光町議候補(59)=新=が空白議会克服への決意を表明しました。

田村氏は、論拠が崩れた医療・介護総合法の同法案を一括で強行可決したことや国土強じん化のもとでのムダな公共事業の大盤振る舞い、集団的自衛権行使容認の閣議決定など、安倍政権と自公両党の国会での暴走を告発。「安倍政権打倒のたたかいを強めるため、共産党に入っていまのこの時代を切り開いていきましょう」と呼びかけました。

和田氏は「共産党の躍進で、国政、町政を平和とくらしを守る方向へ大きく転換させるため力を合わせましょう」と訴えました。

山崎氏は、党の町民アンケートに「国保税、介護保険料の負担増を何とかしてほしい」との声が多く寄せられていると紹介し、「負担を軽減するために、私を議会へ押し上げてほしい」と呼びかけました。

長南町の女性(60)は「60年生きていたなかで最悪の安倍内閣に恐ろしさを感じる。共産党に頑張ってもちいたい」と感想を寄せました。

もどる