集団的自衛権千葉県弁護士会が抗議宣伝

しんぶん赤旗 2014.8.9

千葉県弁護士会(蒲田孝代会長)は7日、千葉市のJR千葉駅前で、安倍内閣の集団的自衛権行使容認の「閣議決定」に抗議する、初の街頭宣伝を行いました。

弁護士25人が参加。日本弁護士連合会が発行する「集団的自衛権。それは、外国のために戦争をすること」のパンフや、集団的自衛権に関する説明を印刷したウチワなどを配布しました。

弁護士が次々とマイクを握り、「自衛隊が海外で武力行使をすることは、憲法9条で禁止されており、政府も戦後約70年間否定してきました」「時の政府が閣議決定で集団的自衛権の行使を容認することは立憲主義に反します」などと訴えました。

パンフとウチワを受け取った30歳代の女性は「ここに書かれてあるように、日本が攻撃をされなくても、外国のために戦争するなんて許せません」と話しました。

もどる