100回目宣伝行動=千葉駅前で100人

しんぶん赤旗 2014.8.13

横断幕を掲げ、「防護服」を身につけたり、プラカード掲げたりしながら宣伝・シール投票を呼びかける参加者ら

首相官邸前の抗議行動に呼応した「つながろう福島!チバでもいますぐ原発ゼロへ」(チバでも実行委員会主催)は8日、千葉市のJR千葉駅クリスタルドーム前で、100回目の街頭宣伝とデモを行い、延べ100人が参加しました。

「みんなで声をあげよう!いますぐ原発ゼロへ」の横断幕を掲げ、参加者が「防護服」を身につけ、自前のプラカードを手に歌やリレートークでアピールしました。

福島県双葉町から千葉市に避難生活を余儀なくされている千代田信一さん(73)は「原発事故が起きて、2 、3日で帰れると思っていたがいつ帰れるかわからない状況にある」と、苦しい胸の内を語り、「原発ゼロになる日までみなさんとともに頑張りたい」と訴えました。

約3時間のシール投票では、原発再稼働に反対126人、賛成4人、どちらでもない1人、わからないが1人でした。

もどる