豪雨災害支援募金呼びかけ

9条破壊は許さない=千葉県労働者党後援会が宣伝

しんぶん赤旗 2014.8.28

宣伝と広島等災害支援募金を呼びかける党後援会のみなさん

千葉県労働者日本共産党後援会は27日、千葉市のJR千葉駅前で、集団的自衛権行使容認の閣議決定の撤回を求めて宣伝しました。

参加者は、「憲法9 条(戦争放棄)の破壊は許さない集団的自衛権は戦争への道」と書かれた横断幕を掲げ、「しんぶん赤旗」8・9月号外を約1時間で200枚配布。交代でマイクを握り、「自衛隊は憲法9条のおかげで、現在まで一人の戦死者も出していないし、他国の兵士も殺していません。しかし、集団的自衛権行使容認となれば、若者が海外にいって戦争をすることになる」と訴えました。

ビラを受け取った千葉市の女性(60)は「安倍さんが首相になってから戦争をするような日本になっていくようで、本当に怖い」と語りました。

宣伝では、広島などでの豪雨災害への支援募金も呼びかけました。募金をした佐倉市の女性は「人ごとではないので募金しました。このような機会があってよかった」と話しました。

もどる