〝行動したい〟200人の熱気=集団的自衛権行使に反対・市川

しんぶん赤旗 2014.9.9

集団的自衛権行使反対を訴えデモ行進する参加者

千葉県市川市の大洲公園で6日、集団的自衛権行使に反対する集会が聞かれ、約200人が参加しました。「戦争はダメ!市川市民の行動」実行委員会の主催です。

集会では、弁護士の高橋勲氏がメーンスピーチし、安倍内閣が行った集団的自衛権行使容認の「閣議決定」が、日本を戦争する国へと根本的につくり替えるものと批判。本質が国民に伝わり、運動も広がっているとして「たたかいはこれから」と今後の関連法成立阻止などに力を尽くそうと訴えると、参加者から拍手が起こりました。

九条の会や医療・教育・女性などさまざまな分野の人々が発言。「チラシの裏の300人を超えた賛同者名に知人の名を見て参加した」「このような集会に初めて参加した」など、多くの人々の「行動したい」との熱気につつまれました。

参加者は市川駅までデモ行進し、同駅頭では100人がチラシ配布、10人がリレートーク。シール投票では、高校生や若い人の参加が目立ち、集団的自衛権についての対話が広がりました。

日本共産党の岡田幸子県議も参加しました。

もどる