農業守るため全力・匝瑳市議選勝利ヘ演説会

2市議応援ヘ田村氏

しんぶん赤旗 2014.9.27

必勝を誓い会場に手を振る田村参院議員と、田村、日色の両市議候補

市議選(定数20、10月19日告示・26日投票)がたたかわれる千葉県匝瑳(そうさ)市で21日、日本共産党演説会が開かれました。会場は、いすが足りなくなるほど人があふれ、約130 人が参加しました。

田村智子参院議員が演説し、市議選で再選をめざす田村あけみ(56)、日色あきひろ(67)の両現職候補が決意を述べました。

田村智子氏は、個人消費が落ち込むなか、消費税10%を推し進める安倍政権を批判し、集団的自衛権の行使容認の閣議決定を撤回させるために力を合わせようと訴えました。また、米価暴落の現状にふれ、国会で緊急に申し入れを行うことになったと報告。「田村、日色の両候補とともに、千葉の農業を守るための政策の実現に力をつくしたい。引き続き市議会へ、みなさんのご支援をお願いします」と訴えました。

田村候補は、特別養護老人ホームの増床や市内循環バスの運行改善などを実現したことを報告し「市民のみなさんと署名運動を行い、市と交渉を重ねてきた成果です。これからもみなさんの願いや要望を実現していきたい」と訴えました。日色候補は、市役所玄関に車いす用のトイレが設置され、公共施設前の道路に点字ブロックができたことを報告し「老朽化した市民病院の移転・改築、小中学校の普通教室へのエアコン設置などに引き続きがんばりたい」と語りました。

もどる