木更津にオスプレイ=防衛省整備拠点を誘致

しんぶん赤旗 2014.10.22

千葉の駐屯地

防衛省は21日、米軍普天間基地(沖縄県宜野湾市)に配備されている海兵隊の垂直離着陸機MV22オスプレイの機体の定期整備拠点を陸上自衛隊の木更津駐屯地(千葉県木更津市)に誘致すると発表しました。同省は陸自に導入を狙うオスプレイともあわせて、日米共通の整備拠点としたい考えで、実現すれば首都圏への飛来の常態化は避けられません。

同省によれば、外注による機体整備を2017年ごろから開始するため、米軍は近く入札を公示する予定。圏内企業が木更津駐屯地の格納庫を使って整備ができるよう、同省は今後手続きを進めるとしています。

軍用機の共同整備拠点設置は、安倍内閣が4月に決定した武器輸出推進へ転換する「防衛装備移転三原則」を受けた動きです。「米軍への修理等の役務提供」全般が解禁されたことで、装備面での日米軍事一体化を加速させるものです。

もどる