高すぎる国保税軽減

しんぶん赤旗 2014.11.11

いすみ市議選岩井候補力込め

9日告示(16日投票)された千葉県いすみ市議選(定数18、2減)で、日本共産党の岩井とよしげ候補(70)=現=が現有1議席確保をめざし、事務所前で第一声をあげました。

選挙戦は、現職16人、元職l人、新人5人の22人(共産1 、公明2、社民1、無所属18)が立候補する4人オーバーの激戦です。

岩井候補は、集団的自衛権行使容認の「閣議決定」や消費税10%への増税、原発再稼働を強行しようとしている安倍自公政権を批判。市民アンケートに寄せられた要望を議会で取り上げ、市の積極的な姿勢の中で、高校生までの医療費や第3子からの保育料と各種予防接種の無料化などを実現してきたことを紹介し「市民の健康づくりで医療費を抑え、国の負担金を元に戻し、一般会計からの繰り入れで、高すぎる国保税の軽減や自然エネルギーの利活用の推進で雇用の拡大とまちおこしをする仕事をさせていただくためにも議会に送ってほしい」と訴えました。

もどる