脱原発船橋(仮)が秘密法廃止へ宣伝

しんぶん赤旗 2014.11.12

千葉県船橋市で6日、「脱原発船橋(仮)が、秘密保護法の廃止を求める宣伝行動「秘密保護法ロックアクション」に取り組みました。8 人が参加し、「秘密保護法をロックしよう」「何が秘密か知るととなく逮捕されてしまう。始まる前にやめさせよう」とリズムにあわせて歌いながら、ドラムをたたき、ギターを弾いて通行人にアピールしました。

仕事で通りかかった桜井利男さん(59)=東京都葛飾区=は「公開もしないで情報が隠蔽(いんぺい)されるのは因る」と語りました。

行動に参加した税理士の藤平和良さん(61)は「秘密保護法の廃止に向けて反対を掲げる団体と交流して運動を大きくしたい」と述べました。

この日は、日本共産党の松崎さち、坂井ようすけ両市議候補も参加しました。

脱原発船橋(仮)は2012年6月に発足。毎月6日に船橋駅前で秘密保護法廃止や原発ゼロなどを訴えています。誰でも参加でき、ホームページやツイッターなどで宣伝の様子を公開しています。

もどる