「国民本位の政治を」いすみ市議議選あす投票

しんぶん赤旗 2014.11.15

千葉県いすみ市議選(定数18)は、あす投票日を迎えます。日本共産党の岩井とよしげ候補=現=は現有1議席確保をめざし全力をあげています。

岩井候補は「安倍自公政権が戦争する国づくりや消費税増税、原発再稼働など悪政を進めようとするなか、国民に追い詰められ衆院を解散することが濃厚になりました。これをチャンスに国民本位の政治を取り戻しましょう。市政では国保税の引き下げなどに全力を尽くします」と訴えます。

市民からは「議会に共産党が必要、頑張れ」「国保税引き下げや新エネルギーは大事」などと共感と支持が広がっています。

定数18に22人が立候補。トップ当選をと票の上積みをめざす陣営、連日宣伝カーを運行する陣営など激しい選挙戦が繰り広げられています。

党と後援会は「安倍政権を打倒するためにも、家族、近所、友人などあらゆるつながりをいかして、最後の最後まで、岩井候補への支持を広げに広げてください」と呼びかけています。

もどる