総選挙 安倍政治の全体が問われる
日本共産党躍進で国民の声が生きる政治を

しんぶん赤旗 2014.11.23

志位委員長が訴え=千葉・津田沼

津田沼駅北口デッキは幾重の人で埋まっています。

日本共産党の志位和 夫委員長は22日、千葉・津田沼駅北口で街頭演説し、12月2日公示(14日投開票)の総選挙の争点について、「アべノミクス」の是非だけでなく、安倍政権の政治全体が問われるとのべました。「日本共産党の躍進で、安倍政権の暴走ストップ、国民の声が生きる新しい政治を、ご一緒につくっていこうではありませんか」と訴えました。

津田沼駅北口のデッキは幾重にも人垣ができ、階段にも道路にもぎっしりと人波ができ、選挙募金にも大勢の人が応じました。

はたの君枝、さいとう和子両衆院南関東比例候補、県内13区(4区は重複)の同小選挙区候補が決意表明しました。

志位氏は、安倍首相が21日の記者会見で「アベノミクスを前に進めるのか、止めてしまうのかを問う選挙だ」と述べたことにふれ、「たしかに『アベノミクス』は争点の一つです。私たちは、これを正面から迎え撃つ論陣を張っていきます」と述べるとともに、「しかし、争点はそれ一つではなく、消費税増税、集団的自衛権、原発再稼働、沖縄の米軍新基地建設もふくめて安倍政治の全体が問われます」と強調しました。

志位氏は、日本共産党が総選挙で掲げる日本の「政治の五つの転換」について語り、「日本共産党の躍進こそ、安倍政権の暴走ストップ、政治を変えるもっともたしかな力になります」と訴えました。聴衆から「そうだ」「その通り」の声と拍手が何度もわきおこりました。

「3日に1回の嘱託の仕事で暮らしている」と語った男性(70)は、「無駄づかいをただしてほしい。1円でも安いスーパーで買い物をして、しのいでいるのがむなしくなる。私は党員でも支持者でもないが、民主党も『第三極』もだめ。消去法で考えると、もうおたくの党しかない。他の党の票もかすめ取る気概で頑張ってほしい」と演説の感想を語りました。

〝共産党の風吹かせよう〟〝政治まともに〟期待も募金も次々

はたの君枝、さいとう和子の両候補とともに訴える志位和夫委員長

衆院解散から一夜明けた22日、日本共産党の比例・小選挙区候補者、党支部と後援会は総選挙(12月2日公示、同14日投票)に向け、〝政治を変えるチャンスだ〟〝共産党の風を吹かせよう〟と、各地でいっせいに街頭に出て宣伝や有権者との対話に大いに取り組みました。どこでも、国民の声で動く政治へ変える〝もっとも確かな力〟をもつ日本共産党への期待が広がっています。

千葉・津田沼

志位和夫委員長が街頭演説したJR津田沼駅北口広場(千葉県習志野市)には、選挙本番なみの聴衆が集まりました。

周辺で党員、後援会員が呼びかける選挙募金には、聴衆だけでなく、駅から出てきた人が相次いで応じ、宣伝中に7千円近い募金を集めた党員も。宣伝中に全体で7万円超の募金が集まりました。

募金に応じた会社員の男性(29)は「父親は特別支援学級の教諭ですが、教室不足が深刻です。無駄な公共事業をやるお金があるなら、教育や雇用に回るようにしてほしい」と語り、格差を広げる消費税再増税を2017年に強行すると宣言した安倍晋三首相への疑問を投げかけました。

「閣議決定による集団的自衛権行使容認の『解釈改憲』も、原発再稼働も許せない」という男性(70)。

「アベノミクス効果が宣伝されているが、自分や自分の周りには恩恵はきていないし、不況で仕事そのものが減っている」と通行中に足を止めたフリーターの男性(28)もいました。「志位さんの話は説得力がありますよね」と消費税増税や米軍基地問題に関心を寄せる男性(50)——。

「消費税増税などの安倍暴走政治への怒りとともに、〝まともな政治に変えてほしい〟という共産党への期待が寄せられています」と募金活動に参加した男性が実感を込めて語りました。

もどる