「9条守り広げる」日本国民の使命・千葉で憲法集会

しんぶん赤旗 2014.12.18

千葉県憲法会議と憲法共同センターが主催する「12月憲法集会」がこのほど千葉市内で開かれ、95人が参加しました。

五十嵐仁・法政大学前教授が「12・8 に戦争と平和を考える―安倍内閣とこの国の危険な進路」と題して講演。

五十嵐氏は、安倍首相が集団的自衛権行使容認の閣議決定を足がかりにして「戦前の日本を取り戻そうとしている」と指摘しました。「戦争する国」に向けてすすめられる安倍政権の暴走の危険性を具体的な事例をあげて解明。「憲法9条は世界の宝であり、それを守り広げていくのが日本国民の世界史的な使命であり責務」だと述べました。

参加した40代の女性は「命を憲法にてらして何が正しく、あるべき形は何かを考えて行動したい」と話しました。

60代の男性は「憲法を守る力を国民が大きくしなければと感じた」と述べました。

もどる