初当選斉藤議員が決意・船橋

しんぶん赤旗 2014.12.18

「提案権で悪政中止に」各団体に選挙結果報告

「現場の声を国会に届けて働きます」と決意を語る斉藤氏

総選挙の比例南関東ブロックで日本共産党の志位和夫委員長、畑野君枝氏とともに当選した斉藤和子氏が16日、千葉県船橋市内の女性、医療、自治体、教育などの各団体・後援会を訪ねて選挙結果を報告し、「現場の要求を国会に届けるため頑張ります。引き続き、みなさんの声を聞かせてください」と決意を表明しました。

どこでも「おめでとう」「うれしい、よかったね」と拍手で迎えられました。「頑張って電話で支持を呼びかけたかいがあった」と握手する共産党後援会員や、うれしさのあまり涙ぐむ人もいました。

民主商工会船橋支部では、折戸益代さん(60)が「船橋から共産党の国会議員が2人も出るなんですごい。消費税8%への増税で中小業者は経営が追い詰められている。大企業ばかり優遇する政策はもうやめてほしい。共産党が懇談会の場などをもって、私たちの声を聞いてほしい。議案提案権を活用して、増税を中止に追い込んでもらいたい」と期待を寄せました。

斉藤氏は、「暮らしや営業の現場の切実な声が、政治を動かす一番の力になります。たくさん声を聞いて学ばせていただき、暮らしやすい社会をつくるために働きます」と応えました。

もどる