党議員増やしたい

しんぶん赤旗 2015.3.17

声援に応え県議・市議候補一同が壇上で手を振る。

志位和夫委員長を迎えて14日に千葉市で開いた日本共産党演説会は、多くの参加者がつめかけ、時間を早めて開場。従来の倍以上の案内看板を設置するなど準備を進め、「看板を見てきた」と語る会社員や学生など初参加者が目立ちました。

県議選の寺尾さとし、石川正、山田やすたろう、山口勇の各候補が「安倍政権の暴走ストップ、県民の命と暮らしを守る県政実現の願いを託してください」と訴え。

千葉市議選の、ふくなが洋、吉田まさよし、かばさわ洋平、もりた真弓、中村きみえ、佐々木ゅうき、野本信正の各候補は「市民の願いを前進させる共産党と、市長に『何でも賛成』する『オール与党』のたたかいに勝ち抜く」決意を語りました。

「看板を男て初めて」参加した男性(18)は4月に大学l年生。「安倍政権では、行きたくても大学にいけない若者がたくさん出てしまう。給付制奨学金を制度化するという共産党に期待します。共産党を増やさないといけない」と語りました。

もどる