党支部・後援会、対話フル回転「戦争こりごり」=千葉市花見川区

しんぶん赤旗 2015.4.7

千葉市花見川区の日本共産党幕張北、上ノ台両支部と後援会、美浜区の磯辺、幸町両支部と後援会は4日、党事務所に集まり、5台の電話をフル活用して、テレデータなどで「声の全戸訪問」に取り組みました。

党員や後援会員は「今度のいっせい地方選は安倍政権の『戦争する国』づくりをストップかける選挙です。年金が削られ、消費税が増税されて暮らしはいかがでしょうか」と問いかけながら、対話につなげていました。

対話になった百歳の男性は「5歳で満州から引き揚げてきてもう戦争はこりごり。共産党に入れます」と応じました。

幕張北支部の常住三千代支部長(77)は「共産党の県議、市議ともども絶対落とせない」と支持を約束してくれた有権者宅にもう一度電話して、家族や知人に支持を広げています。

もどる