〝平和の名で戦争する法案〟県弁護士会が街頭宣伝
千葉歴代会長4氏交代で訴え

しんぶん赤旗 2015.7.8

「戦争法案は廃案に」と訴える弁護士ら

千葉県弁護士会は7日、千葉市の中央公園スクランブル交差点前で、戦争法案に反対し、廃案を求める街頭宣伝を行いました。

約45分の行動で、日本弁護士連合会が発行するパンフ約200冊を配布しました。

宣伝行動には、同弁護士会所属の弁護士16人(うち6人が歴代会長)が参加し、歴代会長の4人が交代でマイクを握り、「いま国会で審議されている安保関連法案は、平和とか安全とか名が付けられていますが、憲法違反の集団的自衛権を行使し、外国で自衛隊が武力行使をする『戦争法案』です」などと訴えました。

パンフを手にした女性(52)=千葉市中央区=は「子や孫たちのためにも戦争ができるようになるなんて困ります。絶対に反対です」と語気を強めました。

もどる