〝戦争法は絶対廃案に〟千葉県女性レッドアクション

しんぶん赤旗 2015.7.23

千葉県母親連絡会と新日本婦人の会千葉県本部が事務局になり、女性の弁護士や医師、看護師などが呼びかけた「憲法まもれ!戦争法はゆるさない!女性パレード」千葉県女性レッドアクションが22日、千葉市内で開かれ、約300人が参加しました。

赤い物を身につけた参加者は「若者を戦争に行かせない」「戦争はさせない」「9条壊すな!」などの手作りのプラカードや、「平和だいすき」と書かれた横断幕を掲げ、タンバリンを鳴らしながら、「戦争きらい」「武器はいらない」「女性が声上げ戦争止める」「やめてもらおう安倍政権」などとアピールしながら千葉県庁までパレードしました。

「だれの子どももころさせない」のプラカードを乳母車に付け、4歳の男の子を乗せた三浦由佳さん=市川市=は「安倍政権の戦争法案の強行採決のやり方は、おとなとしてどうかと思う。戦争法案は絶対に許せない」と話しました。

10歳の孫を連れた植草清子さん(73)=八街市=は「戦争で弟2人を亡くしているので戦争は絶対反対です」と力を込めて語りました。

もどる