党と後援会が戦争法案反対署名行動・東金

パレードする後援会のみなさん

千葉県の日本共産党東金市委員会と党後援会は7月20日、東金市内で、戦争法案に反対する宣伝・署名に取り組みました。

行動では、21人が参加し、日本共産党の前田京子、櫻田あや子両市議や5人がリレートークを行い、戦争法案の廃案を訴えました。

約1時間の署名の呼びかけに中学生や若者など37人が応じ、署名をした60代の男性は「こういう署名を今までしたことがなかった。自衛隊員の親戚がいるし、本当に心配です。今回ばかりは許せない」と話しました。

宣伝後、参加者は、太鼓を鳴らしながら、「戦争法案絶対反対」「戦争法案は憲法違反」「子どもたちに平和を」とアピールし、パレードしました。

もどる